元部活バカ・落ちこぼれ受験生@しんごのブログ

高3の夏休みまで部活ばかりしていた「サッカーバカ」で、偏差値46しかなく、本番に間に合うのか焦りまくっていた僕が、たった3ヶ月で国公立大学に合格し、友達、後輩からも憧れの的になった魔法の勉強法

初めまして、しんごです。
今、僕は国公立大学に通う2回生です。


今となっては、
志望校に合格し、いい友達にも恵まれ
充実したキャンパスライフを送れています。


しかし、
このような生活が送れることなど、
高校時代の僕には想像もできませんでした。


というのも、
僕はいわゆる典型的な『部活バカ』
高3の夏休みまで部活に明け暮れていました。


幼稚園の時からサッカーをしていた僕は、
高3の春に部活を引退するかの決断を強いられました。


周りほとんどが 受験を見据えて引退を決める中、
僕は迷わず、続けることに決めました。


親や友達からは、「部活続けていけるん?」
と当然心配されましたが、
僕は、「なんとかなるやろ」
と安易に考えていました。


特に親には、
「勉強とサッカー両立するから続けさせて!」
と必死に説得しました。


それにも関わらず、
僕は勉強から逃げて
夏休みまでサッカーしかしていませんでした。


その結果、
夏休み明けに受けた模試で、
僕は現実を思い知らされました。
その時、偏差値が46しかありませんでした。


春に引退した友達と僕の間には、
いつの間にか埋められない程の差ができていました。


正直、焦りました。


その結果はとても親には見せられませんでした。


「両立する!と自分で宣言していたのに……。」


口では大きな事を言うのに行動が伴っていない。


自分が情けなく感じました。


それから、勉強しようと決心したものの、
「何からすればええんや……」


サッカーしかしていなかった僕は、
もう何から手をつけていいのかも
分かりませんでした。


そんな中、
周りは日に日に本気度を増し、
休み時間にも勉強する人もいました。


「やばい、追いていかれてる。」


「俺はこれからどうなるんや。」


焦りは増す一方でした。


そんな時、
一人の友達の言葉が僕を変えました。


ある友達に僕の状況を話すと、
「お前ずっとサッカーばっかしとったからやん。
今からやっても間に合わんから浪人したら?」


その友達は
僕のことを思い言ってくれたと思いますが、


僕はとても悔しく、


「絶対見返したる!」
と本気で思いました。


そこから僕は変わりました。


そこから僕は
『限られた時間で、効率よく勉強する方法』
を追求し、生活リズムを確立することから始めました。


すると、
僕の成績は徐々に伸びていきました。
何も分からなかった問題集の問題も
少しずつ分かるようになり


その小さな進歩に僕は喜びを感じ、
勉強が楽しくなっていきました。


今までの
勉強から逃げていた僕からは
考えられないことです。
僕の偏差値は3ヶ月で20上がりました。


気づくと、友達よりも成績は上になっていました。


そこで、自信を手に入れた僕は
落ち着いて、入学試験に臨みました。


「自分なりにやれるだけのことはやった。」


「これで無理やったら仕方ない。」


割り切って考えた僕は、
無事に志望校に合格できました。


なぜあんなに成績が上がったのか?


大学生になってから考えた僕は
そこにいくつかの要因があることに気づきました。


そこから僕は、
効率の良い自分の勉強法をメソッド化し
一つの確立した勉強法と
生活サイクルを編み出しました。


実際、僕がアルバイトで担当していた
3人の生徒にもこれを実践させたところ
3人とも第一志望としていた大学に合格できました。


今、僕のブログを見ているあなた!


僕は自分の経験を元にした
この魔法の勉強法を
余すところなく
皆さんにお教えしようと思います。


「なぜそんなの教えてくれるの?」
そう思うかもしれません。


それは、
『当時の自分と同じ境遇の受験生を何とか救いたい!』


その一心からです。


あんなにバカだった
僕にも出来たのですから、
誰にでもできます!


もちろん、僕はこのブログを通して、
常にあなたに寄り添い、
サポートし続けるつもりです。


『楽しいキャンパスライフに憧れている。』


次はそんなあなたの番です。


一緒に頑張って志望校に合格しましょう。


変われるのは今しかないですよ!


プロフィール
id:gorianyeah
ブログ投稿数
25 記事
ブログ日数
18 日